会津の元気企業

株式会社会津工場鋳造業

南会津郡只見町

独自工法のHプロセス工法を用いた鋳造製品を製造しています

当社は、昭和50年に鋳造工場として操業開始以来、技術開発の推進及び研究開発を重ね、独自の鋳造工法「Hプロセス工法」(横スタック鋳造法)を確立しました。製品製造の全工程を自社のみで行い、徹底した製品管理と低コスト化、納期の短縮化に取り組み、高精度な付加価値の高い製品を販売することを可能とし、他社とのレベルの差を実現してきました。

わが社のセールスポイント

01
失敗を恐れずチャレンジできます。
失敗=成功の社長方針のもと、未知の領域に積極的にチャレンジしていきます。
02
地元会津の発展に貢献します。
企業名にある通り、地元に根付いた企業として事業の枠にとらわれず地域発展に貢献します。
03
社員が能力を十分に発揮できる環境を作ります。
全員が能力を十分に発揮できる職場を作ると共に、社員とその家族の幸福と繁栄を図ります。

わが社のビジョン&ミッション

「会津から世界へ発信できる企業」
会津を拠点に他では達成不可能な製品を世界に発信し、雇用を確保すると共に世界へ通じる人材育成を行い、企業と地域の発展をめざしています。

経営者(代表者)メッセージ

代表取締役社長
鈴木 直記
メッセージ
当社では、独自工法の製品を武器に他社とのレベルの差を実現してきましたが、現状の鉄系鋳造業界は、新素材の開発による需要の低下や中国等の安価な製品の流入により、非常に厳しい状況に晒されています。また情報のグローバル化により世界中の競合メーカーとの競争は激化しております。そのなかで他では達成不可能な圧倒的な高精度製品を実現し、新しい未来を一緒に作り上げましょう。
プロフィール
地元の高校を卒業後、1979年(株)会津工場入社、1982年よりHプロセス工法の開発、量産立上げに従事。設計、金型部長、取締役工場長を経て2010年に代表取締役就任。入社以来鋳物一筋で38年。他に地元保養施設である株式会社季の郷湯ら里取締役と、会津産業ネットワークフォーラム副代表を併任。

先輩社員インタビュー

馬場 晃大
平成11年度
金型製作グループ
現在の仕事内容は?
Hプロセス用金型の製作・組立及び金型の修正、検査治具の製作等に携わっています。
現在の会社を選んだ動機
高校生のときに地元企業の企業説明会が行われました。そのときの鈴木社長(会津工場)の話がとても魅力的で、心打たれ、地元にもこんな凄い会社があることを知り、入社を決めました。また、実家から通勤時間が3分なのも魅力でした。
仕事のやりがい・魅力は?
自分の手掛けた金型を元に製品が作られ、その製品が全世界で使われていると思うと、とてもやりがいを感じます。

企業情報

●企業名 株式会社会津工場
●代表者 鈴木 直記
●従業員数 105人
●資本金 4,800万円
●設立日 1977年10月1日
●所在地 福島県南会津郡只見町二軒在家字上タモ721-1
●人事担当者 取締役工場長/横田雄司
●TEL 0241-86-2553
●FAX 0241-86-2564
●企業URL http://www.kabuaizu.co.jp/
●勤務地 福島県南会津郡只見町二軒在家字上タモ721-1
●職場の雰囲気 部署ごとの目標を明確に持ち、達成のために全社一丸となって取り組んでいます。
●賞与 あり(年2回)
●昇給 あり
●退職金制度 あり
●休日 土曜・日曜
正月、5月連休、8月お盆、各1週間程度 
●勤務時間 8:00~17:10
●福利厚生 各種社会保険完備
●給与 大卒・技術者/185,000円 
短大・技術者/170,000円
●教育制度 鋳造技術・品質保証のスキルアップ社内外研修
●入社後の
 キャリアデザイン
入社1〜3年程度は鋳造技術や品質保証の教育を受け、技術習得後管理職としての勤務となる。
●過去3年の
 採用実績
平成27年度/製造(5名)
平成28年度/製造(4名)
平成29年度/製造(13名)

会津の元気企業一覧に戻る

求人に関するお問合せは掲載企業に直接ご連絡ください。